多摩区で産後の骨盤矯正サロンをお探しなら、登戸・向ヶ丘遊園のTotal Body Care 向ヶ丘整体院へ

妊娠中~産後の骨盤の変化

妊娠中~出産の骨盤の変化

妊娠すると出産に向けた準備のために女性の体には様々な変化が生じます。

その中の一つに関節を支える靭帯を緩める作用のあるリラキシンというホルモンの分泌があります。

このホルモンの働きにより骨盤の関節が緩むことで、赤ちゃんが産道を通りやすくなります。

ただし、よく誤解されることですが、緩むといっても骨盤の関節が物理的に離れるわけではありません。

関節を固くしっかりと支えている靭帯が、緩んで柔らかい状態になることで関節が不安定な状態になります。

出産直後の骨盤

出産直後の骨盤は、関節が緩んで不安定な状態になっています。

また、妊娠中~出産を通して体には大きな負担がかかりますので、骨盤周囲の筋肉などの組織もダメージを受けた状態になります。

骨盤は上半身と下半身をつなぐ大切な部分であり、本来はとてもしっかりとした関節構造を持っています。

その骨盤の関節が緩んで不安定な状態になり、周りの組織にもダメージを受けた状態になることで、産後は様々な不調が生じるリスクが高くなります。

そのため骨盤や骨盤周囲の組織に対して、産後の早い段階で適切なケアを行うことは大切です。

産後の骨盤

出産に向けてリラキシンというホルモンの働きで靭帯が緩み不安定な状態になった骨盤は、産後はそのホルモンの働きがなくなることで徐々に元の安定した状態に戻っていきます。

完全に元の安定した状態に戻るまでの期間には多少個人差がありますが、産後3ヶ月~6ヶ月ほどと言われています。

産後は育児に追われ、自分の体のケアは後回しになりがちですが、後々の不調を防ぐ意味でも大切なことですので、しっかりとケアするようにしましょう。

TEL 044-931-5345 受付時間10:00 - 20:00(火曜定休)

PAGETOP